心はいつも日曜日

このブログは松竹芸能所属のタレント サンデー西村 と ヴァイオリニスト 西村恵一 の活動を紹介するものです。

ランキングに投票!

FC2Blog Ranking

top △

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--/--/-- --. --:--  edit

Category: スポンサー広告

tb: --  |  cm: --

top △

仕事 

兵庫県立芦屋高校にて

仕事ナビ



CIMG9914_convert_20140721221042.jpg

CIMG9916_convert_20140721221128.jpg

CIMG9917_convert_20140721221202.jpg

CIMG9921_convert_20140721221307.jpg

何かを始めるのに遅すぎることなんか何にもねえ。

今日が人生で一番若いんだよ。


にほんブログ村 クラシックブログ ヴァイオリンへ
スポンサーサイト

2014/07/15 Tue. 22:15  edit

Category: ヴァイオリン

Thread: 楽器 練習 - Janre: 音楽

tb: 0  |  cm: 0

top △

石巻に行きました 

6月14日、15日 宮城県石巻市に行きました。


仙台空港近くは美しい海岸が続く。この辺りで津波が来なかったところはない。

CIMG9704_convert_20140616231714.jpg
日和山から港を望む。

CIMG9706_convert_20140616231753.jpg

CIMG9707_convert_20140616231844.jpg
設置してある写真は震災前の街並み

CIMG9713_convert_20140616231937.jpg
こども子育て「いしのまき寺子屋」にてバイオリンのワークショップを開く。

CIMG9726_convert_20140616232132.jpg

CIMG9729_convert_20140616232218.jpg

CIMG9730_convert_20140616232307.jpg
みなさんと。

CIMG9733_convert_20140616232353.jpg
今回の間をつないでくれた畑中さん(左端)、一緒に行った仲間柳川さん、茨木さん(右端)

CIMG9734_convert_20140616232441.jpg
東日本大震災圏域創生NPOセンターの太田さん(左)

CIMG9735_convert_20140616232518.jpg
「6.9M」津波がここまできた。

CIMG9736_convert_20140616232553.jpg
ここに普通の街があった。

CIMG9740_convert_20140616232845.jpg
震災前に来た時は仙台空港が海辺にあることを気にもとめなかった。



自分の日々の生活では震災の話題すら出なくなってきている。

被災者の方のお話を初めて生で聞いた。ずっといろんな問題に直面しているのだ。

学校では最大の死者行方不明者数の大川小学校にも案内してもらった。
言葉が出ない。涙しか出ない。写真ありません。

学校の残骸の一角にかつての卒業制作の絵が残っている。
崩れず残った部分に妙にくっきりと残っている文字があった。
「世界がぜんたい幸福にならないうちは個人の幸福はあり得ない 宮沢賢治」

知ることから始めよう。



ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

2014/06/15 Sun. 23:37  edit

Category: ヴァイオリン

Thread: ボランティア活動 - Janre: 福祉・ボランティア

tb: 0  |  cm: 0

top △

なら100年会館へ 

夜は室内楽を聴きに なら100年会館へ

CIMG7850_convert_20130521221246.jpg
なら100年会館
ほんとにでかい

CIMG7847_convert_20130521221044.jpg
中ホール
初めて入ったが室内楽に適したいい響きのホール

CIMG7853_convert_20130521221321.jpg
ベートーヴェン/弦楽四重奏曲 第7番《ラズモフスキー第1番》
演奏:セノーテ・カルテット

スケールの大きい曲だが、細部まで繊細で美しい演奏だった。

シューマン/弦楽四重奏曲 第1番
演奏:クァルテット・ソレイユ

ダイナミックな演奏だ。またビブラートやポジションを巧みに選んで音色の変化も素晴らしい。

どちらも情熱的で素晴らしい演奏だった

20代の頃、四重奏団を組んでいた時、シューマンやったなあ・・・。
気が付いたら自分が弾いてた第2ヴァイオリンをずっと追っていた。客観的に聴いたらこんな曲だったんだ・・・



にほんブログ村 クラシックブログ 室内楽・アンサンブルへ
にほんブログ村

2013/05/20 Mon. 23:17  edit

Category: ヴァイオリン

Thread: クラシック - Janre: 音楽

tb: 0  |  cm: 0

top △

すばらしきヒラリーはん 

ヒラリー・ハーン
ヴァイオリン・リサイタル

兵庫県立芸術文化センター KOBELCO大ホール


アントン・ガルシア・アブリル
“First Sihg”from“Three Sighs”

デイヴィッド・ラング
“Light Moving”

大島ミチル
“Memories”

J.S.バッハ
無伴奏パルティータ 第2番 より“シャコンヌ”

********

リチャード・バレット
“Shade”

エリオット・シャープ
“Storm of the Eye”

フォーレ
ヴァイオリン・ソナタ 第1番

ヴァレンティン・シルヴェストロフ
Two Pieces for Violin and Piano


シャコンヌはため息が出るほど美しく完璧な演奏だった。

寸分の狂いもない見事なボウイング(弓使い)・・・

世界中の作曲家が作曲している彼女のための作品が次々演奏された。もちろん知らない曲ばかりだが、どの作品も個性的で、作曲家と演奏者が一体となった素晴らしい演奏だった。


日本語もお上手にしゃべって笑い取って、
~もう完璧~


にほんブログ村 クラシックブログ ヴァイオリンへ
にほんブログ村

2013/05/16 Thu. 15:15  edit

Category: ヴァイオリン

Thread: バイオリン - Janre: 音楽

tb: 0  |  cm: 0

top △

こま 



ヴァイオリンの修理が終わり、自分の楽器が戻ってきた。
その時に駒も取替え、古い駒をもらった。

「こんなもん貰ってもなぁ…」と思ったけれど、

この駒が20年ほどの間、ヴァイオリンの弦の強い張力を支え、僕の表現を支え、僕の生活を支えてくれていたような気がしてきた。


これ、大切に持っていようと思った。




にほんブログ村 クラシックブログ ヴァイオリンへ
にほんブログ村

2012/03/15 Thu. 00:55  edit

Category: ヴァイオリン

Thread: バイオリン - Janre: 音楽

tb: 0  |  cm: 0

top △

 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。