心はいつも日曜日

このブログは松竹芸能所属のタレント サンデー西村 と ヴァイオリニスト 西村恵一 の活動を紹介するものです。

ランキングに投票!

FC2Blog Ranking

top △

今年のラッキーアイテム 

今年の3月、あるレジャー施設に入ったら1枚の応募用紙をもらった。
選抜高校野球の優勝校当てクイズだった。
このテのものは当たったためしがない。
各校の前評判も知らないし、適当に書いて応募ボックスに入れた。

― 沖縄 興南高校 ―

と書いて。

そんなことも忘れて高校野球を見ていると
あれよあれよというまに興南高校が優勝した
img4bb9399d51f10.jpg


なんだか気持ちのいい優勝だった

忘れた頃に賞品が届いた

そんな訳で夏の大会は興南高校を応援していた。
でもまさか優勝までは・・・
だって12年前、春夏連覇をしたのは松坂大輔投手を有する横浜高校だ。
ずば抜けた強さプラス運や様々な要素を有していなければ春夏連覇なんてできない。

それが
R0034924.jpg

我喜屋優監督は
『ゴミ拾いも大事。ゴミが落ちているのは、捨てた人の心のミスかもしれないし、間違って落としたのかもしれない。でも現実的にゴミが落ちていることは、だれかが犯したミスを見つけてしまったわけだから、それをカバーするのが見つけた人の責任。見て見ぬふりをすると、今度は後ろの人に迷惑をかける。野球も一緒。投げた人が悪送球したから相手がセーフになったと思うのではなく、自分が全力でボールを受け止めれば悪送球した人のミスをカバーできるし、進塁を防ぐこともできる、と思う。一つのミスは次の人がカバーしろというのが僕の野球で、それをゴミ拾いから教えたのです。』
と言っている。

センバツ準決勝の大垣日大戦に勝利した後のインタビューで、アナウンサーに「(決勝戦の)日大三高に対してはどんな戦略で挑みますか?」と質問されて「ここまで来るとは考えていなかったのでわからないですね。これから(宿舎に)帰ってから考えます」と答えていた。

本当にひとつひとつの積み重ねが優勝につながったのだ。


頭ではみんなわかっている・・・


今日、あらためていろいろ調べてみると
いろんな人が興南高校の優勝で自分の思いを語っている。

今年を締めくくるにあたって、今年の僕のラッキーアイテムになった興南高校を振り返ってみた。

そうだったな
多くのスポーツが僕に勇気と感動を与えてくれた。
実はワールドカップにも女子バレーにも僕はめちゃくちゃ熱狂していたのだ。


   必ずできる

   夢は叶う


ikosanbasi001_convert_20101231211952.jpg

今年一年本当にありがとうございました
  



※本日の写真と文章の一部は他のサイトから引用させて頂きました。

スポンサーサイト

2010/12/31 Fri. 21:51  edit

Category: ホワイトサンデー

Thread: 高校野球 - Janre: スポーツ

tb: 0  |  cm: 0

top △