心はいつも日曜日

このブログは松竹芸能所属のタレント サンデー西村 と ヴァイオリニスト 西村恵一 の活動を紹介するものです。

ランキングに投票!

FC2Blog Ranking

top △

ちったあ、今よりましになってやる・・・ 



CIMG6443_convert_20121120010112.jpg

やってしまった・・・。
3回目くらいのはずだから10年に1回くらいの割合か?
子どもの頃から、発表会ではたとえ間違っても弾き直しをしてはいけないと習ってきた。少々ミスしても次へ進まないといけない。

 しかし、10年に1度くらいはやり直ししてしまうこともあるわなぁ・・・。
今日は弾き間違ったのではなく、確認ミスである。
『愛の挨拶』という有名な曲をヴァイオリンはニ長調で、ギターはホ長調で弾き始めてしまったのだ。僕が別の楽譜を持ってきてしまったのだ。すぐにホ長調で弾きなおした。

 他に弾き直した記憶では、曲の1音目を弾いた途端頭の中が真っ白になってその先を忘れて、どんな曲だったのかわからなくなったことがあった。5秒ほど考えて曲を思い出し、弾き直した。この場合は楽譜を見ながら弾いていれば起こっていなかったわなぁ・・・。

 失敗つながりで言えば、午前中にあったパーティの演奏で遅刻してしまったことがあった。大急ぎで会場に着いて、そっと中を覗いて見ると僕以外の3人(ヴァイオリン、ヴィオラ、チェロ)で演奏している。よりによってパーティなのにBGMではなく、お客さんは演奏者の方に向かって聴き入っている。どうしたものか・・・。
よし!堂々と入ってやれ!
1曲終わった所で、僕は颯爽と登場し「私はここからが出番なのです。」というアピールを精一杯したのだ。そして弦楽四重奏なのに1人立って、そう、ソリストとして次の1曲を演奏してこましたったのだ。
 当然、終わってからはメンバーや関係者に謝りたおしたが、あの登場時の偉そうな堂々とした態度は何度思い返しても笑いが込み上げてくる。

 思い起こせば、劇団時代など失敗やアクシデントの連続だった。
その度に打ち上げでは、失敗談で大いに盛り上がり大いに笑っていたのだ。

 失敗はしないにこしたことはない。当然だ。
しかし失敗やミスやアクシデントが起こり、それに対処する様が必死こくものだから、後から思うと滑稽でしょうがない。

 あらためて思うが、自分以外の失敗も含め、失敗談は驚くほど笑いを提供してくれていた。

思い起こせば、これまでの人生、舞台以外でも失敗の連続であった。
失敗は悲しい、つらい、恥ずかしい、泣きたい、いや何度も泣いた。立ち直れないかと思うほどであった。
 しかし失敗談は楽しい、おもしろい、大笑いする。今度はまともにやろうと、大切なことを教えてくれる。

それなら、それなら
失敗してきたことも、それはそれで良かったじゃないか。多くを学べたじゃないか。誰かに助けてもらえたし、たくさんたくさん泣けたし、涙が止まらないほど大笑いできたじゃないか。


 今日はしょうもない失敗をしてしまったが、失敗が多くの笑いとともにあったことを気づかせてくれた。




ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
スポンサーサイト

2012/11/17 Sat. 23:03  edit

Category: ホワイトサンデー

Thread: ♪人生・生き方♪ - Janre: ライフ

tb: 0  |  cm: 0

top △

コメント

top △

コメントの投稿

Secret

top △

トラックバック

トラックバックURL
→http://sunday888.blog76.fc2.com/tb.php/433-51e18721
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

top △