心はいつも日曜日

このブログは松竹芸能所属のタレント サンデー西村 と ヴァイオリニスト 西村恵一 の活動を紹介するものです。

ランキングに投票!

FC2Blog Ranking

top △

カルミニョーラの四季 

ジュリアーノ・カルミニョーラ(ヴァイオリン)&ヴェニス・バロックオーケストラ

スキャン0001_convert_20101123200404

カルミニョーラは現在ヴィヴァルディの演奏では第一人者だ。
アグレッシブな演奏は言うまでもないが、緩徐楽章でも独特の魅力がある。

やっぱこの人の演奏の魅力はなんたってライブだ!
ライブの臨場感が最高だ!!

『四季』の“冬”が終わった瞬間、拍手が無い・・・慌てて拍手が始まったが、えっ1楽章の終わりだっけ?拍手が一旦止まった。カルミニョーラは指を4本立てて「4曲終わったよ、どうぞ拍手をどうぞ」
終わってないのに拍手があることは結構あるけど、こんなのは初めてだ。
それほど惹き込まれた状態で『四季』は一気に終わった。

アンコールの2曲目タルティーニのヴァイオリン協奏曲D.96の異稿緩徐楽章「小川に、泉に、河に、流れよ、苦しい涙よ、私の耐えがたい苦しみが消え去るまで」は最高に美しかった。
前回の来日時に演奏されたヴィヴァルディのRV.583の緩徐楽章は天上界の美しさを感じたけど、今回のタルティーニはもう少し人間的な美しさって言うか、ヴァイオリンの振動が伝わるように胸が微動し続けたよ。
(出口のアンコール曲の掲示は第4楽章ってなってたけど、間違ってるよね??)

003_convert_20101123194836.jpg

004_convert_20101123195025.jpg

006_convert_20101123195101.jpg 
兵庫県立芸術文化センター KOBELCO大ホール
スポンサーサイト

2010/11/23 Tue. 20:49  edit

Category: ヴィヴァルディの歓び

Thread: クラシック - Janre: 音楽

tb: 0  |  cm: 0

top △

コメント

top △

コメントの投稿

Secret

top △

トラックバック

トラックバックURL
→http://sunday888.blog76.fc2.com/tb.php/52-2a10633f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

top △